【なにわ男子】道枝駿佑の演技は下手?上手?セリフが棒読み!?実際のところは?

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

なにわ男子のメンバーで、アイドルや俳優として活躍中の道枝駿佑さん。

2022年4月24日から放送されている「金田一少年の事件簿」では主人公の「金田一一」を演じています。

ジャニーズメンバーの中で歴代受け継がれてきた「5代目 金田一一」ですから、演技力を評価されていることは間違いないはずですが、何やら「演技が下手」との意見も少なからずあるようなんです。

道枝駿佑のプロフィール

名前 道枝駿佑(みちえだしゅんすけ)

生年月日 2002年7月25日(19歳)

出身地 大阪府

身長 179cm

職業 アイドル・歌手・俳優

所属グループ なにわ男子

所属事務所 ジャニーズ事務所

受賞歴

2022年 第31回TV LIFE年間ドラマ大賞 主演男優賞「消えた初恋」

道枝駿佑の演技が下手との意見

道枝駿佑さんの演技について、「演技が下手」「セリフが棒読み」との意見が多かった作品がありました。

それもなぜかその作品にだけ「セリフが棒読み」との意見が集まっていたんです。

「母になる」柏崎広

2017年4月12日から放送されたテレビドラマ「母になる」で、道枝駿佑さんは「幼い頃に誘拐され、7年間別の母親に育てられた少年」という難しい役柄でテレビドラマデビューしています。

ドラマデビューが重要な役で、かつ難しい役柄ということもあり、かなり緊張していたものと思われます。

確かに気持ちがこもっていないというか、お世辞にも上手とは言えないかもしれませんね。

ただ、この「棒読み」は実は「あえて棒読みの演技をしたのでは?」とも言われていたんです。

道枝駿佑さん本人によると、「初めは緊張していたが、その後はほぐれてきた」とのことでした。

まぁ真相がどうであれ、ドラマが進んでいくにつれて道枝駿佑さんの演技力がどんどん成長していく姿に、視聴者はおどろかされていたようですよ。

結果的にこの作品で、道枝駿佑さんのことが世間に知れ渡ることになっのは間違いないですね。

道枝駿佑の演技が上手との意見

着実に俳優として成長している道枝駿佑さんですが、圧倒的に「演技が上手」との意見が多くみられます。

どのような作品に「演技が上手」との意見が多いか調査しましたよ。

「絶対零度」〜未然犯罪潜入捜査〜」岡崎直樹

2018年8月6日に放送された「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」の第5話にて、「バスケ部に所属する高校2年生だが、動物殺傷を繰り返すサイコパス」の役を演じました。

これまた難しい役柄ですが、道枝駿佑さんの演技は高評価でしたよ。

意見の中には「道枝駿佑が出演している回だけ見返した」など、そのサイコパスな役にハマる人もいました。

それにしても「棒読み」と言われたドラマからたった1年ほどで、「また見返したい」と言わせるまでに成長した道枝駿佑さんは、やはり「天才」なのかもしれませんね。

「461個のおべんとう」鈴本虹輝

2020年11月6日に公開された映画「461個のおべんとう」は、「父と高校生の息子二人暮らしの中、息子のために弁当を作り続けた」という実話を元にした映画で、道枝駿佑さんは「思春期の内気な高校生」を演じています。

父親役は、ジャニーズ事務所の先輩である井ノ原快彦さんが演じました。

高校生にありがちな「反抗期」の様子や、高校生活や父子の様子など、リアルに演じていましたね。

「演技が自然体で良かった」との意見が多かった作品ですね。

共演をきっかけに、道枝駿佑さんは井ノ原快彦さんのことを「パパ」、井ノ原快彦さんは道枝駿佑さんのことを「みっちー」と呼び合う中になったそうですよ。

「消えた初恋」青木想太

2021年10月9日から放送されたテレビドラマ「消えた初恋」でSnow Manの目黒蓮さんとW主演を務めていました。

道枝駿佑さんは、「同級生に片想いしている高校2年生」を演じました。

ボーイズラブ作品として、漫画をドラマ化したものですが、道枝駿佑さんの視線や、「表情が切ない」「上手すぎる」と話題になりました。

賞を受賞するほど演技力を評価されていますし、世間からも高評価で注目を集めていましたね。

まとめ:道枝駿佑の演技は業界や世間から高評価

道枝駿佑さんの演技はどんどん上手になっていっています。

今回「金田一少年の事件簿」の5代目金田一一を演じていることが、その高い演技力を評価されているということに他なりません。

世間からの評価もかなり高いですから、今後さらに俳優として忙しくなっていきますね。

今後の活躍に期待です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました